省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

「 同社 」 一覧

中山鋼業、年間コスト削減1億円へ 省エネ対策投資効果 競争力なお向上

  2016/07/04

異形棒鋼ベースメーカーの中山鋼業(本社=大阪市、井手迫利文社長)は、2014年度から15年度にかけて行った省エネ対策の投資効果について、今年度中にも年間8000―1億円前後のコスト削減を見込む。同社では一連の省エネ対策で約3億7000万円を投資し、多機能バーナーなどを導入。省エネ化の加速で競争力のさらなる強化を図る。

新電力、節電特典で顧客獲得狙う スーパー来店・猛暑日乗車にポイント

  2016/06/17

新電力の一部が節電特典を打ち出し、夏の電力最需要期に向けて顧客の囲い込みに力を入れている。電力小売りの全面自由化が始まり2カ月半がたつが、全国で契約を切り替えた世帯は総契約数のわずか約1.8%にとどまる。新規参入キャンペーンもほぼ終わり契約件数の伸びが鈍くなる中、引き続き家庭の関心を引き寄せるためには次の一手が欠かせない。そこで、新電力は節電の定着に目をつけた特典を起爆剤に、一層の切り替え促進に取 …

新規事業でエネルギー市場に参入、リコーがIoTで狙う省エネの先

  2016/06/17

リコージャパンは「スマートコミュニティJapan 2016」(2016年6月15〜17日、東京ビッグサイト)に出展し、同社の企業向けのエネルギー関連ソリューションを展示した。既存のOA機器事業で培った販路を強みに、法人向けの電力販売からIoT(Internet of Things)を活用したオフィス内の省エネまで、幅広く電力コスト削減ニーズの獲得を目指していく方針だ。 【その他の画像】  「環境経 …

生産プロセス革新の一環で鋼材生産の排熱回収、工場全体を省エネ化

  2016/06/01

トヨタ自動車グループの素材メーカー、愛知製鋼(愛知県東海市)は、鋼材生産プロセスを工程スルーで改革する「鋼材4Sリエンジ」(Simple、Slim、Short、Straightを目指したプロセス改革)の一環として、電気炉から出される排熱からエネルギーを回収、変換し活用する製鋼リエンジ「電気炉の排熱有効活用」に着手することを決め、このほど設備工事を開始した。  同社は鋼材生産プロセス改革として、これ …

生産性向上へ17億円投資 小松精練、受注好調で

  2016/05/10

小松精練(能美市)は2017年3月期、工場の生産性向上と省エネ化などに17億7千万円の設備投資を実施する。受注好調で同社の生産設備はフル稼働状態にあるため、既存設備の更新が中心になるものの、16年3月期の実績を上回る規模の投資で競争力を強化する。

高島屋、クールビズ商品を販売 和紙使用のジャケットなど新機軸で 20日から

  2016/04/18

高島屋は18日、5月1日から始まるクールビズを前に日本橋高島屋など旗艦店の5店で、「COOL COOL BIZ」を行うと発表した。11年目を迎え定着したクールビスに合わせた商品を取りそろえた。20日から6月14日までの期間に販売する。  美濃和紙を一部使用し、繊維メーカーの帝人とコラボした消臭素材も使用した和紙混鹿の子ジャージージャケット(税込み5万4千円)や、通常のジャケットの約半分の軽さである …

山陽電鉄が新型車両公開 省エネ、開放感ある空間

  2016/04/13

山陽電鉄が導入する新型車両「6000系」が13日、明石市二見町東二見の東二見車両工場で報道陣に公開された。同社としては19年ぶりの新型車両で、扉の横には昇る朝日をイメージしたデザインを採用。各車両に車いすやベビーカーのスペースを設けたほか、制御装置の効率を上げることで電力消費量を削減している。  主に普通車として使用されている3000系の代替車両として、3両2編成を導入した。費用は6両で約9億円。 …

LIXIL、普及価格帯の複合窓を6月発売

  2016/04/08

LIXIL(本社=東京都千代田区、瀬戸欣哉社長)は7日、アルミ樹脂複合窓「サーモスL」を6月から販売開始すると発表した。従来の同社のアルミサッシ窓に比べ断熱性や省エネ性、防露性を高める一方で、価格はアルミ窓並みに抑えた。2020年の省エネ基準義務化を見据え、住宅の省エネ性能の向上が求められる中で普及価格帯商品としてサーモスLを投入し、拡販を目指す。同社では20年度までにアルミ樹脂複合窓と樹脂窓のい …

三菱マテリアル/レアアース高効率回収技術開発/省工程化でリサイクル性向上

  2016/03/21

三菱マテリアルは18日、レアアース磁石から高効率にレアアースを回収精製する技術を開発したと発表した。乾式処理と湿式処理を組み合わせたプロセスで、従来よりも回収の省工程化が図れる。大幅な増加が見込まれるレアアース磁石のリサイクル需要に対応するため、今後はパイロット試験を実施し、将来的な事業化を検討していく考え。 今回開発したのは、廃家電から回収されるモーター内のローター(回転子)から高効率にレアアー …

スフェラーパワー 球状太陽電池、着実に販路拡大 ガラスなどに高いデザイン性

  2016/03/20

世界的に二酸化炭素の削減と省エネルギーが課題となる中、「スフェラーパワー」(京都市中京区)が展開する太陽電池「スフェラー」が少しずつ販路を広げている。パネル型が主流の他社製品に比べ、同社の製品は球形をしており、ガラスに取り付けても重たい印象にならないという。建物が美しく仕上がるため、国内外の建築家も注目。同社は将来的に生産能力を増強し、ニーズに応えたいとしている。  同社は、光半導体メーカーの京セ …