省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

「 利用 」 一覧

硫黄で作る革新リチウム電池、安定した充放電サイクルを達成

  2016/07/06

産業技術総合研究所(以下、産総研)省エネルギー研究部門の首席研究員で、南京大学講座教授や筑波大学連携大学院教授などを兼務する周豪慎氏は2016年6月28日、筑波大学大学院システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻博士課程の柏松延氏らと共同で、安定した充放電サイクル特性を持つリチウム硫黄電池の開発に成功したと発表した。電池のセパレーターに「イオンふるい」効果を持つ金属有機構造体を利用することで実現 …

福岡市内各所で「クールシェアふくおか」 チラシ持参で割引も /福岡

  2016/07/04

福岡市内各所で7月1日、「クールシェアふくおか」の取り組みが始まった。(天神経済新聞)  美術館などの公共施設や商業施設などの涼しい場所を共有し、家庭での節電を促す同プロジェクト。同取り組みのチラシ持参で割引などを行う特典付きクールシェアスポット50カ所のほか、クールシェア関連イベントを開くスポットなど、昨年より約30カ所増えた285カ所で実施する。  今月21日~8月31日には、福岡市美術館や福 …

<ネガワット取引>市場、来春創設 節約分の電力売れます 安定供給確保狙う

  2016/06/09

家庭や企業が節約した電力量を売買できる「ネガワット取引」の普及に向けて、政府は来年4月の市場開設の準備を進めている。夏場などで電力需給が逼迫(ひっぱく)した際などに、節電によって需要を抑え、電力の安定的な供給を確保するのが狙いだ。【宮川裕章、秋本裕子】  電力の需要は季節や時間によって大きく変動するため、発電量を増やしたり、減らしたりして需給を調整する必要がある。しかし、一時的に需給が逼迫した場合 …

<ネガワット取引>節電電力を売買、来年4月に市場創設

  2016/06/09

家庭や企業が節約した電力量を売買できる「ネガワット取引」の普及に向けて、政府は来年4月の市場開設の準備を進めている。夏場などで電力需給が逼迫(ひっぱく)した際などに、節電によって需要を抑え、電力の安定的な供給を確保するのが狙いだ。【宮川裕章、秋本裕子】  電力の需要は季節や時間によって大きく変動するため、発電量を増やしたり、減らしたりして需給を調整する必要がある。しかし、一時的に需給が逼迫した場合 …

IoTでエネルギーを支える街へ、情報を一元管理するシステム

  2016/05/23

三菱電機は、IoT技術とクラウド基盤を活用し、接続したさまざまな機器の省エネ化に加えて、街のニーズにあわせた快適な暮らしをサポートするEMS(エネルギーマネジメントシステム)サービス「DIAPLANET TOWNEMS」を2016年6月に発売することを発表した。  IoTとはInternet of Thingsの略で、日本語ではモノのインターネットともいわれている。現在は人間がインターネットを通じ …

30年までに家庭、企業で4割減=温室ガス削減計画を決定―政府

  2016/05/12

政府は13日の閣議で、今後の温室効果ガス削減の取り組みを示す地球温暖化対策計画を決定した。  2030年までに温室ガスの排出量を13年比26%削減する中期目標を明記。目標達成のため、家庭や企業のオフィスでは省エネルギー性能の高い照明などを利用して約4割の排出削減を目指すとした。50年までに80%削減を目指す長期目標も盛り込んだ。

需要予測に天気予報活用 食品ロス3割削減

  2016/04/26

経済産業省は日本気象協会と連携し「天気予報を活用して返品や食品ロスを削減する需要予測の精度向上による食品ロス削減・省エネ物流プロジェクト」を実施した結果(1)食品ロスを2割から3割削減できたほか、(2)商品輸送で発生するCO2を半減できた。(3)AI技術による消費者の購買行動解に成功した、と26日までに発表した。  今回のプロジェクトでは26年度に比べ、参加団体が9から26に、対象品目もメーカー製 …

捨てる廃材が水素に変わる、省エネにも役立つ新型リサイクル装置

  2016/04/25

リサイクルが難しいアルミと紙、プラスチックによる複合廃材から水素を製造できる実証プラントが完成した。リサイクル事業を手掛けるアルハイテック(富山県高岡市)が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」のもとで開発を進めていたシステムで、朝日印刷(富山県富山市)の富山工場内に設置した。2016年4月22日から実証稼働が始まっている。  朝日印刷の富山工場は …

熱源に「貼るだけ」で発電するシート、積水化学が2018年度に製品化へ

  2016/04/19

発電所や自動車からの排熱、身近なものではPCから排出される熱など、一度消費されたエネルギーの多くは「排熱」として未利用のまま環境中に放出されている。このうち数%でも再利用できれば、地球温暖化の防止や省エネに大きく役立つ。こうした背景から未利用の排熱を活用する技術の研究開発が進んでおり、その1つとして注目が集まっているのが熱エネルギーを直接電力に変換できる熱電変換材料だ。  積水化学工業はこの熱電変 …

砺波平安閣を全面改装 オークス、会合需要取り込む

  2016/04/19

オークス(富山市)は19日までに、砺波市三島町のブライダル式場「砺波平安閣」=写真=を全面改装する方針を決めた。従来の婚礼だけでなく、法要や企業・官公庁の会合などの利用を見込み、バンケットルーム(宴会場)を拡充する。全館の照明を蛍光灯からLED(発光ダイオード)に切り替え、省エネを図る。