省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

「 使用 」 一覧

ジェンダーレス男子が増えている影響か?女性の感覚に近づきつつある男性の肌着トレンド

  2016/06/28

2005年にスタートし、すでに10年以上経過しているクールビズ。アウターだけではなく、インナーに関しても進化している。スタート当初は吸汗速乾がメインの機能だったが、接触冷感、消臭などの機能性のある商品が登場し、男性夏物肌着は年々進化をしている。  30~40代ビジネスマンの来店が多い、小田急百貨店新宿店の紳士洋品担当バイヤー・清水 圭樹さんに今年のトレンドについて伺った。 「最近の傾向として、スマ …

重さシャツ1枚分のビジネスシューズ発売 洋服の青山

  2016/06/08

青山商事はこのほど、クールビズ商品として男性用ビジネスシューズ「ライトウエイトシューズ」(税別9900円)を「洋服の青山」で発売した。素材と製法を工夫し、ドレスシャツ1枚分に相当する約165グラム(片足)まで軽量化を図った。  スニーカーなどに使われるストローベル製法で軽さと柔らかい履き心地を実現。表面は極限まで薄く仕上げた牛革を、裏地は軽さと耐摩擦性に優れるナイロンメッシュ素材を採用した。  靴 …

生産プロセス革新の一環で鋼材生産の排熱回収、工場全体を省エネ化

  2016/06/01

トヨタ自動車グループの素材メーカー、愛知製鋼(愛知県東海市)は、鋼材生産プロセスを工程スルーで改革する「鋼材4Sリエンジ」(Simple、Slim、Short、Straightを目指したプロセス改革)の一環として、電気炉から出される排熱からエネルギーを回収、変換し活用する製鋼リエンジ「電気炉の排熱有効活用」に着手することを決め、このほど設備工事を開始した。  同社は鋼材生産プロセス改革として、これ …

<経産省>省エネで企業ランク付け…取り組み遅れには罰金

  2016/05/31

経済産業省は31日、省エネへの取り組み状況で企業をランク付けする「事業者クラス分け評価制度」を開始した。優良な企業は社名を公表し、取り組みが特に遅れている企業には100万円以下の罰金を科す。企業の省エネ意識の定着を進める狙い。  一定量以上のエネルギーを使用し、省エネ法でエネルギーの使用量などの政府への報告を義務付けられている企業やチェーン店などが対象。  業種ごとに目標水準を設定し、達成度に応じ …

送るだけで家庭が省エネになるスゴい「レポート」、鍵は行動科学とデータ解析

  2016/05/31

住環境計画研究所は2016年5月25日、オーパワージャパン、北陸電力と共同実施した省エネ実証事業の成果を公表した。経済産業省資源エネルギー庁の「平成27年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業」の一環として実施したもので、ビッグデータ解析と行動科学を応用して作成した「ホームエネルギーレポート」(以下、レポート)を送付することで、2カ月後に約1.2%の省エネ効果を確認できたという。 ●「ホームエネル …

関東グリコ、ヒートポンプチラー 省エネと高品質生産を両立

  2016/05/15

江崎グリコの主力商品「ポッキー」や「プリッツ」を生産している子会社の関東グリコ(埼玉県北本市)は2012年に本格生産を始めた新工場で、二酸化炭素(CO2)排出量削減と省エネを両立させている。特に温水を作る給湯システムにインバーター制御を行う電気式温水器のヒートポンプチラーを採用、一般的に広く導入されている蒸気ボイラーを使用しないことが特徴だ。これにより効率性やメンテナンスの省力化も進めている。   …

県庁でクールビズ始まる

  2016/05/03

県庁で2日、クールビズが始まり、ノーネクタイや半袖姿で多くの職員が仕事に取り組んだ。10月末まで。  県庁や関連機関の夏季(7~9月)の使用電力量について、県環境政策課は「昨年度同様に10年度の同時期より14.6%減はクリアしたい」としている。6月半ばごろに稼働する冷房は温度を28度に設定する。  クールビズ初日、ノーネクタイの長袖シャツ姿で働いた同課の下條孝さん(34)は「首もとがあくと、だいぶ …

「クールビズ」本格化 ポロシャツ姿で業務 静岡市役所

  2016/05/02

地球温暖化対策の一環として、冷房使用時の室内温度を28度に抑え、軽装で快適に過ごす「クールビズ」が2日、静岡市役所で本格的に始まった。市は民間事業者や家庭にも省エネ推進の輪を広げる。9月30日まで。  市環境創造課では、全職員が青色の半袖ポロシャツ姿で業務に当たった。シャツは南アルプスユネスコエコパークを意味する文字とロゴ入り。2年前からクールビズの時期に着用し、清涼感と環境保全をPRしている。 …

本格的な夏の到来を前に クールビズ始まる

  2016/05/02

冷房の使用などによりエネルギーの使用量が増える夏に向け、埼玉県庁では、「クールビズ」が始まりました。2005年から始まった県庁のクールビズは、4年前から企業や学校などで一般的な6月の「衣替え」より1か月前倒しして5月にスタートしています。県の温暖化対策課では、職員がノーネクタイ姿でシャツの腕をまくるなどして業務にあたっていました。県では、冷房の温度を28度に設定することや、照明や電気機器をこまめに …

冬の省エネ今季も未達成 3年連続 寒気厳しく 長野

  2016/04/22

県は22日、昨年12月から3月にかけて実施した節電・省エネルギーの県民運動「冬の信州省エネ大作戦2015」の最大電力の削減目標が達成できなかったと発表した。国は電力使用の削減目標を設定していないが、県は夏と冬に独自の目標を掲げている。3年連続で冬の目標は未達となった。  今冬は震災前年の平成22年度に比べ最大電力を5%削減する目標を設定した。しかし、大陸からの強い寒気が流れ込んだ1月25日に今季最 …