省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

LED照明取り扱い開始 ネスク、法人向け

  2016/06/30

ネスク(金沢市)は1日、省エネルギー事業強化のため、法人向けに発光ダイオード(LED)照明の取り扱いを始める。省電力で長寿命のLED照明は急速に普及しており、オフィスビルや工場の電気料金削減対策として、蛍光灯からの切り替えを検討する企業の需要に対応する。

高収入世帯は省エネに不熱心? =家庭のCO2排出調査―環境省

  2016/06/30

環境省は30日、家庭の二酸化炭素(CO2)排出量に関する実態調査結果(確報値)を公表した。  収入の多い世帯では、照明を小まめに消すなどの省エネルギー行動の実施率が、平均的な世帯より10%程度低い傾向にあることが分かった。  調査は今回が初めてで、約1万6000世帯を対象に2014年10月から1年間にわたり実施した。  調査では、世帯年収ごとに▽照明の小まめな消灯▽冷蔵庫に食品を詰め込み過ぎない― …

クールビズ、扇風機、短時間演説… 候補者、暑さ対策一工夫

  2016/06/30

投開票日の7月10日まで2週間を切った参院選。静岡県内各地の街頭で支持を訴える静岡選挙区の候補者や陣営は、梅雨時ならではのじっとりした暑さや悪天候にさまざまな対策を講じている。クールビズスタイルでの活動、水分補給、街頭での扇風機設置、ビニール傘の用意、演説の短時間での切り上げ…。有権者にも配慮しながら、選挙戦を乗り切るための工夫を凝らす。  民進党新人の平山佐知子候補(45)は麦茶やスポーツドリン …

都知事選、小池百合子の奇襲炸裂 — 新田 哲史

  2016/06/30

どうも新田です。崖から飛び降りるつもりで新聞社を辞めたら人生棒に振りかけたのは私です。ところで、参院選がまったく盛り上がらないうちに、クールビズの女王、小池百合子センセが仕掛けてきたことで都知事選のほうが面白くなってまいりました。 “小池氏「崖から飛び降りる覚悟」 都知事選へ(産経新聞)(http://www.sankei.com/photo/story/news/160629/sty160629 …

逍遥先生、ふん害に“憤慨” 「銅像シャツ」きょうで終了

  2016/06/29

岐阜県美濃加茂市職員有志がクールビズをPRしようとJR美濃太田駅前の坪内逍遥像にポロシャツを着用させていた取り組みが、30日終了する。当初は9月末までの予定だったが、雨天が続いたことやツバメのふん害が深刻で、洗濯の回数が増えていたことから決めた。  クールビズと市が演劇界で優れた功績のあった人をたたえる「逍遥大賞」のPRのために5月31日から着せてきた。この間に何者かにポロシャツが脱がされ、無くな …

都知事選 小池氏、突然の出馬表明 根回しなし「未来描く」

  2016/06/29

「アベノミクスを東京から発信していく」。自民党の小池百合子元防衛相が29日、東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)に出馬する意向を突如、明らかにした。クールビズの旗振り役など行動力には定評のある小池氏だが、党内からは根回しがないままの表明に反発が出た。  午前11時に急遽(きゅうきょ)設定された記者会見。衆院議員会館に白のスーツ姿で現れた小池氏は「突然のお呼び立てではございますが…」と切り出 …

雪活用しサーバー冷却 省エネのデータセンター本格稼働 新潟

  2016/06/29

県は、大量の熱を出すサーバーを保存した雪で冷やし、大幅な省エネを実現するデータセンターを津南町中深見で本格的に稼働させた。5月から9月までの消費電力量は従来型の半分程度で済むと見込んでおり、稼働状況を通じて効果を検証する。豪雪地域の雪を「地域資源」として活用し、データセンターや関連企業の誘致につなげたい考えだ。  雪を冷却に使うデータセンターは県内で初めて。縦2・4メートル、横6メートル、高さ2・ …

つけっぱで10%の節電効果!お得な“エアコンの使い方”

  2016/06/29

「猛暑が予想される今年の夏。6月18日に館林市などで早くも、最高気温が35度以上の猛暑日を記録しました。不慣れな暑さでその日、熱中症による救急搬送が407人、うち1人が亡くなりました(消防庁)」  そう語るのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。今年は猛暑の予想。熱中症予防にはエアコンの利用が勧められているが、心配なのが電気代。だが、荻原さんは、つけ方ひとつでいろいろお得な節電方法があるという。そこ …

減災目指し企業が知恵 県内外8社で研究会

  2016/06/28

災害時のライフライン確保や「事業継続計画(BCP)」に関心を寄せる企業が連携し、今月、研究会組織を立ち上げた。首都圏で大地震に見舞われる可能性が指摘される中、東日本大震災や熊本地震の教訓を生かして地域を守ろうと、太陽光発電や省エネ空調、設備設計などに強みを持つ企業の技術やノウハウを減災に生かす取り組み。  プロパンガスを利用した医療機関向け災害時停電システムの普及を図る半導体商社PALTEK(横浜 …

ジェンダーレス男子が増えている影響か?女性の感覚に近づきつつある男性の肌着トレンド

  2016/06/28

2005年にスタートし、すでに10年以上経過しているクールビズ。アウターだけではなく、インナーに関しても進化している。スタート当初は吸汗速乾がメインの機能だったが、接触冷感、消臭などの機能性のある商品が登場し、男性夏物肌着は年々進化をしている。  30~40代ビジネスマンの来店が多い、小田急百貨店新宿店の紳士洋品担当バイヤー・清水 圭樹さんに今年のトレンドについて伺った。 「最近の傾向として、スマ …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加