省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

アップル 横浜に技術開発センターを建設 2016年に完成

   

 米アップルは25日、横浜市港北区にあるパナソニックの工場跡地に技術開発センターを建設すると発表した。2016年に完成する予定で、1万2500平方メートルの敷地に4階建て、延べ床面積が2万5000平方メートルの施設を建設する。

 アップルの技術開発センターは、従来に比べて、エネルギー使用量を40%削減し、敷地内に1200本以上の樹木を新たに植え、環境に配慮した施設にする。アップルは、すでに工場跡地の一部を取得している。

 技術開発センターについて、アップルジャパン広報部は「何をするかコメントできない」としている。

 人気のスマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」や、タブレット端末の「iPad(アイパッド)」の内部には国内メーカーの部品が多く採用されている。携帯電話業界では横浜で新たな部品を開発するとの声も出ている。また、アップルが力を入れているヘルスケアや、自動運転車などの開発を横浜で行うとの観測もある。

 アップルは世界にある研究開発拠点について明らかにしておらず、横浜の事例は非常に珍しく、何を行うのか注目される。

 25日に会見した横浜市の林文子市長は、「アップルの進出で多くの企業を引きつけ、産業が創出される好循環が期待でき、中小企業や大学と連携してほしい」と語った。

 アップルの技術開発センターはパナソニックや野村不動産、横浜市が連携して建設する環境配慮型都市(スマートタウン)の中にある。省エネ住宅や商業施設なども建設される予定だ。

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,