省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年12月 」 一覧

山形経済新聞の年間PVランキング1位は「コメダ珈琲」 /山形

  2015/12/28

今年1月13日に配信を開始した「山形経済新聞」、初めての年に年間PVランキング1位を獲得したのは、 県内初出店の「コメダ珈琲」の記事だった。 (山形経済新聞)  2015年は「コメダ」をはじめ、「コストコ」など、県内初出店の大型店のニュースが話題を呼んだ一方、2位から4位には今年オープンした小型の飲食店がランクイン。こだわりのメニューや、おしゃれな店舗づくりが若い世代から支持を集めたと見られる。 …

フロン規制で「温暖化係数」など表示加速 政府義務付け、抑制製品の購入促進

  2015/12/27

エアコンの商品カタログに記載されている「フロンラベル」。上はダイキン工業。左下は富士通ゼネラル、右下は東芝 [拡大]  年間出荷台数が合計900万台を超える家庭用・業務用エアコンや冷蔵冷凍ショーケースで、搭載する冷媒フロンの温室効果が二酸化炭素(CO2)の何倍かを示す「温暖化係数」などを製品やカタログに表示する動きが広がってきた。フロン排出抑制法(改正フロン法)の規制を受けたもので、政府は同係数が …

日本とベトナム、協力して環境政策を推進 グリーン成長戦略や環境影響評価など

  2015/12/25

環境省とベトナム国天然資源環境省は18日、東京にて、「第2回日本・ベトナム環境政策対話」を開催した。 同対話では、二国間環境協力について進展を確認するとともに、特にグリーン成長戦略と低炭素社会の推進、環境影響評価、排水規制、化学物質管理、固形廃棄物管理の強化といった環境協力について意見交換を行い、二国間の環境協力を一層推進することを合意した。次回の同対話は、次年度ベトナムにおいて開催する。 今回の …

エネルギー関連の3展示会を開催=省エネセンターとICS〔BW〕

  2015/12/25

 【ビジネスワイヤ】一般財団法人省エネルギーセンターとICSコンベンションデザイン(東京都千代田区)は、来年1月27~29日に東京ビッグサイトでENEX2016、Smart Energy Japan2016、新電力EXPO2016を開催すると発表した。開催テーマは「始まる省エネの新展開! ~デマンドサイドからトータルマネージメントへ~」。来年4月からの電力自由化に向けた取り組みを紹介し、省エネ機器 …

エネルギー関連の3展示会を開催=省エネセンターとICS〔BW〕

  2015/12/25

【ビジネスワイヤ】一般財団法人省エネルギーセンターとICSコンベンションデザイン(東京都千代田区)は、来年1月27~29日に東京ビッグサイトでENEX2016、Smart Energy Japan2016、新電力EXPO2016を開催すると発表した。開催テーマは「始まる省エネの新展開! ~デマンドサイドからトータルマネージメントへ~」。来年4月からの電力自由化に向けた取り組みを紹介し、省エネ機器な …

三重県、電力自由化の説明会を開催 契約電力50kW未満の事業者も対象

  2015/12/25

三重県は、消費者が来年4月の電力小売の全面自由化に対応できるよう、経済産業省職員を招いて、電力小売の全面自由化について解説する説明会を県内で2016年1月20日(水)に開催する。 電力小売の全面自由化に関する説明会の概要 日時 2016年1月20日(水)14時~15時30分(受付開始13時30分) 場所 三重県勤労者福祉会館 6階 講堂(三重県津市栄町1-891) 対象者 契約電力50kW未満の事 …

エネルギー消費マイナス54%! 老舗かまぼこ屋の新オフィスビルの省エネぶりがスゴイ!

  2015/12/25

省エネ社会を実現するためには、建物のエネルギー消費量を減らすのが最も効果的だ。快適さをアップしながらエネルギー消費量を半分以下にする、そんな新世代のオフィスビルが誕生した。  徹底して省エネにこだわった新社屋を建設したのは、小田原・箱根で150年続く老舗かまぼこ屋「鈴廣」だ。一体どうやってエネルギーを削減しているのだろうか? ◆井戸水や自然光を最大限に活用した「ゼロエネルギービル」  2015年9 …

エネルギー、革新的技術への補助金拡大 16年度予算案決定

  2015/12/24

 地球温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」で日本が掲げた温室効果ガスの削減目標「2030年度に13年度比26%削減」を達成するため、前提となる将来の電源構成比率(エネルギーミックス)の実現に向けた省エネルギーの強化や、再生可能エネルギーの普及などに力を入れる。  特に省エネ分野は「石油危機後並みのエネルギー効率の改善」を掲げ、予算を積み増した。太陽光発電や省エネ家電などをネットワークで制御し、 …

来年度予算案 エネルギー 「パリ協定」達成へ省エネ強化

  2015/12/24

政府は将来の電源構成比率(エネルギーミックス)の実現に向け、省エネルギーの強化や再生可能エネルギーの普及などに力を入れる。地球温暖化対策の新しい国際枠組み「パリ協定」で、日本が掲げた「2030年度に13年度比26%削減」という温室効果ガスの削減目標を達成する前提となるためだ。  特に省エネ分野では、先端的な省エネ設備を導入する事業者の支援に515億円を計上した。再生可能エネルギー分野では、地熱発電 …

<16年度予算案>省エネ補助金を強化

  2015/12/24

政府が24日閣議決定した2016年度予算案。エネルギー・原発分野では、省エネ関連予算を前年度比241億円増の1533億円と強化した。太陽光発電の設置や高性能の断熱材利用で、エネルギー消費が実質ゼロとなる住宅やビルの導入支援補助を110億円とし、前年度(約7億円)から大幅に増額。最新の省エネ設備を導入した工場や事業所への補助金も同105億円増の515億円計上するなど、住宅・企業部門での省エネ投資の拡 …