省エネニュース

省エネルギーに関するニュースサイト

企業の節電支援へ過熱 京都の大手メーカー販売

  2016/07/06

京都の大手メーカーが、工場や店舗の電力を効率的に使うシステムや製品の販売に注力している。電力不足への懸念や再生可能エネルギーの普及などで、企業の省電力ニーズが一段と高まっていることに対応し、賢い電力消費をサポートする。  日新電機は、通常の電力や太陽光発電、ガスコージェネレーション(熱電併給)、蓄電池などの分散した電源を効果的に使用する工場向けのエネルギー管理システム(EMS)を開発し、4月に販売 …

硫黄で作る革新リチウム電池、安定した充放電サイクルを達成

  2016/07/06

産業技術総合研究所(以下、産総研)省エネルギー研究部門の首席研究員で、南京大学講座教授や筑波大学連携大学院教授などを兼務する周豪慎氏は2016年6月28日、筑波大学大学院システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻博士課程の柏松延氏らと共同で、安定した充放電サイクル特性を持つリチウム硫黄電池の開発に成功したと発表した。電池のセパレーターに「イオンふるい」効果を持つ金属有機構造体を利用することで実現 …

(社説)参院選―原発エネルギー政策―残すか、なくすかの選択を[有料]

  2016/07/05

猛暑が見込まれるこの夏、政府は2011年春の東京電力福島第一原発の事故後に続けてきた夏の節電要請を見送る。  いま動いている原発は、全国で九州電力川内原発の2基だけだ。それでも電力供給に余裕があると判断したのは、消費電力が少ないLED(発光ダイオード)の活用を含め、原発事故後の5年で企業や家庭での節電が定着してきたことが大きい。  現状は事故前と比べて「脱原発」が進んだようにも見える。原発の是非が …

福岡市内各所で「クールシェアふくおか」 チラシ持参で割引も /福岡

  2016/07/04

福岡市内各所で7月1日、「クールシェアふくおか」の取り組みが始まった。(天神経済新聞)  美術館などの公共施設や商業施設などの涼しい場所を共有し、家庭での節電を促す同プロジェクト。同取り組みのチラシ持参で割引などを行う特典付きクールシェアスポット50カ所のほか、クールシェア関連イベントを開くスポットなど、昨年より約30カ所増えた285カ所で実施する。  今月21日~8月31日には、福岡市美術館や福 …

今年の注目扇風機はDCモーター搭載機と羽根無し機

  2016/07/04

人気機種から売れていく扇風機は暑さが本格化する前の今が買い時。今年は省エネで体にやさしい「DCモーター」搭載モデルに注目だ。

中山鋼業、年間コスト削減1億円へ 省エネ対策投資効果 競争力なお向上

  2016/07/04

異形棒鋼ベースメーカーの中山鋼業(本社=大阪市、井手迫利文社長)は、2014年度から15年度にかけて行った省エネ対策の投資効果について、今年度中にも年間8000―1億円前後のコスト削減を見込む。同社では一連の省エネ対策で約3億7000万円を投資し、多機能バーナーなどを導入。省エネ化の加速で競争力のさらなる強化を図る。

クールビズでもおしゃれに見せる「真夏の“オフィスファッション”講座」

  2016/07/04

人気スタイリスト・山本あきこ氏と、ファッションバイヤー・MB氏。ファッション実用において日本を代表する2人による、超実用的トークショーが6月某日、ダイヤモンド社にて開かれた。 ⇒【写真】山本あきこ×MBの超実用トークショー  トークショー前半では「異性にモテるファッション」と「変身するにはどうすればいいのか」について、会場を沸かせつつ熱い議論を交わした2人。後半では、服装選びが難しい梅雨や真夏でも …

ご当地シャツで夏さらり 焼津市役所、クールビズ開始

  2016/07/01

焼津市は1日、職員がご当地シャツの「魚河岸シャツ」と「大井川の恵(めぐみ)シャツ」を着用して勤務する恒例の「焼津版クールビズ」をスタートした。8月末までの2カ月間、涼しげなシャツに衣替えし、地域資源を市内外にPRする。  初日から多くの職員が青や白、ピンクなど色とりどりのシャツ姿で勤務。庁舎内は港町らしい活気と涼しげな雰囲気に包まれた。来庁者は梅雨明けを前に、焼津の夏の到来を感じていた。  県内市 …

世田谷で電力自由化講座 母親対象、環境や省エネ考える機会に /東京

  2016/07/01

「世田谷ものづくり学校」(世田谷区池尻2、TEL 03-5481-9011)で7月2日、母親向けの電力自由化講座「ママカフェ」が開催される。主催は「ジョシエネLABO」。(三軒茶屋経済新聞) ファシリテーターの大嶽貴恵さん(左)と水渡敬子さん  同校に本社を置く「みんな電力」のCSR事業の一環であるジョシエネLABO。「環境エネルギー業界に女性の力を」をスローガンに、環境やエネルギーに関する女性の …

<クールビズ>涼しさ演出 北海道の「オホーツクブルー」 

  2016/07/01

暑い夏の職場を軽装で過ごして省エネにつなげる「クールビズ」を独自に進化させた「クールオホーツク」を、北海道網走市のオホーツク総合振興局が今年も1日に始める。地域の青い海と空を象徴する「オホーツクブルー」を職場や生活に取り入れ、地域活性化にも結びつける試みで、8月31日まで振興局や管内の自治体、企業が「クール」に取り組む。  取り組み内容は、オホーツクブルーまたは近い色の軽装▽同じ色の小物やインテリ …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加